読み込み中
株式会社あべいすと

HOME >  働き方 >  大谷悠吾

WORK STYLE

働き方

HOME >  働き方 >  大谷悠吾

INTERVIEW

あべいすとリハビリセンター・志知
機能訓練指導員
大谷 悠吾(2017年入社)

一生ここで働きたい。入社3ヶ月で早くも、そう思えた職場です。

入社のきっかけ

学生時代に野球部の練習で怪我をして、地元の接骨院でお世話になり、すごく助かりました。その後も、脳梗塞で倒れた祖父を介護する祖母の姿を見ながら育ったせいか、いつしか人の体を治したり、支えられるような仕事への憧れを抱くようになりました。「一度入社したなら絶対に辞めたくない」。そんな強い思いから、面接の際にはこんな質問をしたんです。「職場の人間関係は実際どうなんですか?」「私にもできる仕事ですか?」。今思えば、普通はそこまで聞きませんよね(笑)。それにも関わらず、懇切丁寧に応えてくださったセンター長の人柄に安心感を覚えて、[あべいすと]へのUターン就職を決めました。

私の仕事

専門学校で取得した柔道整復師という国家資格を活かし、機能訓練指導員として勤めています。柔道整復師とは、簡単にいえば筋肉のスペシャリスト。雑巾がけで肩甲骨をスムーズに動かすなど、生活動作と結び付くトレーニングはもちろんですが、ワクワク遊び心をもってリハビリに取り組んでもらえるよう、旗揚げゲームをアレンジしたオリジナルのトレーニングを考えたりもします。入浴の介助も疼いて痛む箇所にアプローチしながら、使わない筋肉が使えるようにほぐすなど、リハビリを意識して。幼い頃からおじいちゃん子、おばあちゃん子だったので、自分自身も利用者の皆さんと一緒に楽しみながら働けていますね。

5年後の私

はじめは漠然と、昔お世話になった接骨院のように、地域で愛される存在を目指していましたが、就職してからは具体的な目標が見つかりました。それは、センター長をはじめとする上司の皆さんです。5年後は利用者さんだけでなく、職場のスタッフからも求められる、上司の皆さんのような人間になっていたい。そのためにも、まだまだ全ての利用者さんに目が行き届いていない、自分の短所としっかり向き合って。一度に多くの利用者さんを見ることができる、広い視野で使える注意力を養っていきたいです。

メッセージ

仕事は正直大変ですが、そんな苦労を上回るくらいに遣り甲斐があって、楽しくて。新卒で入社して3ヶ月経ったころには既に、「僕は一生、ここで働きたい」という思いが芽生えていました。スタッフの皆さんも、面接の際にセンター長から聞いたとおり、本当にいい人ばかり。女性の多い職場ながら、気丈でサッパリとした性格の方が多く、男女を問わず働きやすい環境が整っています。また、ケアマネージャーさんに提出する書類なども作成しますので、実技とデスクワークの両方が身につきますよ。

TIME LINE

機能訓練指導員、大谷さんの1日

8:30出勤(朝礼:今日の予定確認、連絡などを行う)
8:40本日の運動プログラム作成などの準備作業
9:20午前の部 運動プログラム(全体運動/個別機能訓練/生活相談・指導/各種介助)
12:30休憩
13:40午後の部 運動プログラム(全体運動/個別機能訓練/生活相談・指導/各種介助)
16:50利用者様ごとの記録・報告書作成など
17:50MTG:本日の報告などを行う
18:00退勤

PROFILE

経歴

大谷悠吾

大谷 悠吾(おおたに ゆうご)

あべいすとリハビリセンター・志知/機能訓練指導員
2017年新卒入社

出身地淡路市
最終学歴東洋医療専門学校
保有資格柔道整復師
雇用形態正社員
  • RECRUIT

    現在募集中の職種一覧

    能力を存分に発揮されたい方のご応募をお待ちしております

  • SERVICE

    サービス

    淡路島が幸せとなるためのお手伝いができる、
    人作り会社造りを目指していきます

ページの先頭へ